African Hands

ウガンダ・タンザニアを中心としたフェアトレードのお店

GALLERY EPISODE

「スパイダー」

タンザニアでのお仕事が終わると、
やちのいるウガンダまで40時間バスに揺られる。

日中は暑く、サウナのよう。
二つの国境を超える頃は標高も高く、震えるような寒さ。
揺れるというより、跳ねて過ごす悶絶の40時間。

もちろん外国人は私だけ。

バスの名前は「スパイダー」。
このバスにはもう何回も乗ったんで、
そりゃま~エピソードも多いけど、
今日は野ションネタ。

40時間中、きちんとしたトイレ休憩は2回。
プラス2回の国境で、用を済ませることができる。

でも、わりとポイントが偏っているので、
いつももれそう。

私だけでなく、地元民みんなもれそう。

外が真っ暗になったころ。
もっていったクッションをお股におしつけて、
我慢していたそのとき、
やっときたトイレ休憩。

もちろん、野原。
巨体のアフリカママも、子供も、スタイル抜群のお姉さんも、
みんな草むらへ消えていく。

私も、もれそう。
「ふ~」

助かった。と思いバスへ戻る。

誰かが私の肩をたたく。
暗闇に見えるのは白い眼と白い歯だけ。
「なになに?」
超怖いんですけど(笑)

おばちゃん
「あんたお尻も真っ白なんやな、びっくりしたわ」
と申す。

てか、私のほうがびっくりしたわ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

African Handsとは

東アフリカのウガンダを中心とし、現地の女性達が社会の一員として自立し、
主体的に社会に参画出来るシステムを構築する事を目指すものです。